IT未経験なら、派遣は嫌だという考えは捨てよう

IT未経験なら、派遣は嫌だという考えは捨てよう

IT業界に身を置いてから5年という月日が流れた。

あれから今に至るまで「エンジニアは充足している。追加の人員はいらない」という現場を寡聞にして知らない。

これからもエンジニアは慢性的に不足していると現場のお偉方は訴え続けるだろうし、未経験でもエンジニアになりたいと考える方は後を絶たないだろう。

それでも新卒や第二新卒を除いて全くの未経験者を採用することに関しては参入障壁が高いというのが現状だ。

理由は単純明快で、経験者と並んで採用面接をするということ。経験者の現場経験に基づいて書かれたリーダブルなソースコードと、未経験者がおぼつかない手つきで書いたソースコードのどちらが信用度合いが高いかなんてわざわざ人に聞くまでもないだろう。

それでは未経験者はIT業界に入れないかというと、決してそんなことはない。未経験でもOKな会社は着実に増えてきているし、年齢制限を設けない会社も珍しくない。もっと踏み込んで言うなら、派遣会社で経験を下積みして高待遇の会社に入ることを目指すと言うのは選択肢として全然アリだと考えているくらいだ。

未経験で高待遇の現場に参画できれば儲け物だが、幸運なケースは残念ながら安売りされていない。今回はこれからITという業界に参画したいエンジニアに向けて、「派遣というのも一つの手だな」と考えてもらえれば幸いだ。派遣を辞めること前提でステップアップしていくという考えをお持ちなら尚のこと良いだろう。

IT未経験なら派遣は嫌だという考えは捨てるべき。その理由。

派遣に対しては何かとネガティブなイメージが浮かぶだろう。低賃金とか。案件ガチャとか。SESはレベルが低いとか。

それでもその低いレベルにすら最初はついていくことが難しいのだ。設計書の書き方、コーディングの作法、検証の必要性など、覚えることは有り余るほど出てくるはずだ

未経験者の多くは検証から業務を始めることになるだろうが、これも未経験者というカテゴリから脱却を図る意味合いで割り切って対応すると良いだろう。余程のことがない限り、はじめての現場で得た知見は今後の現場でも必ず活きるので、良い勉強になるはずだ。

次の現場で活かせるスキルが蓄積していないな、と感じたら営業か上長に現場を異動するよう願い出ると良い。まともに対応してもらえない場合は転職を視野に入れて行動する必要があるだろう。

働いていてエンジニアの仕事自体に魅力を感じなかったなら、エンジニアには向いていないと思っていい。エンジニアとして働くという行為は崇高なものではなく、人生を彩るための手段の一つに過ぎないからだ。楽しければ続ければ良いし、つまらなかったら諦めて方向転換をすれば良いというだけの話だ。

派遣エンジニアとして働くのは、通過点だと思えば良い。

派遣エンジニアとして働くのは、実務経験重視の業界において、あくまで素早く経験を積むためだということ。

実務経験が1〜2年もあれば転職して年収が大幅アップということは十分実現が可能なので、通過点として派遣エンジニアとして働くというのはアリだということだ。

勘違いしてはいけないのは、実務経験にあぐらをかいてエンジニアを続けると肩書きがエンジニアというだけの浦島太郎状態になり、年を取っても価値は上がらず収入は上がらないという負の連鎖に陥るケースが往々にしてある。

謙虚に努力を積み重ねることが肝要で、それは職種を問わないというのは自戒の意味も込めて書いておく。